防犯カメラは自分を守ってくれる

 先日ストーカー被害に悩んでいた女性を救おうとした家族が、逆に殺されてしまうという痛ましい事件が起きました。

 被害者家族は何度も警察に相談に出向いていたと言うことですが、私が思うに、犯人はそれまでに何度も執拗に被害者宅を下見に来ていたみたいですので、もしも「防犯カメラ」があれば、犯人の軽微な犯罪を見つけることが出来たのではないかと言うことでした。

 例えばですが、被害者宅の郵便物を勝手に盗んだとか、脅迫しているような姿などを「防犯カメラ」に映像として収めることが出来ていれば、大きな被害になる前に、窃盗罪や脅迫罪などで検挙することが出来ていたかもしれないと思うのです。
 
 もちろん、詳しいことはわかりませんので、さまざまな事情があったこととは思います。しかし、今の世の中はとても物騒ですし、簡単に恨みを買ってしまうような怖い側面があります。
 自分の身は自分で守るためにも、これからは、たくさんの人が防犯カメラを利用するようになると思います。