価値ある借地権をスムーズに売却する方法

借地権とは土地を借りる権利のことで、借地上には自己所有の建物を建てることが可能です。
借地借家法という法律に基づいて強く保護されており、土地を貸したらあげたものと思えという言葉が生まれるほど、強力で価値ある権利なのです。
一方、地主と借主の信頼関係に基づいて設定される権利であるため、売却して借主を替える際には地主の承諾が必要になります。
地主にとって借地は自己所有の重要な財産ですから、その土地を誰が使うかは重要になります。
現在の借主だから貸したけれど、別の人には貸したくないと思うかもしれません。
ですが、そうなると、借主がその土地を離れたくても、価値ある権利を無償で返還せざるを得なくなり、これまで支払ってきた多額の権利金や借地料に見合わなくなることがあるのではないでしょうか。
そこで、スムーズに売却の手筈を整えるためにも、借地権売却のプロ集団であるマーキュリーに相談してみましょう。
長年の経験と実績を活かして、希望に添った提案をしてくれるはずです。