仮想通貨の根幹を成すブロックチェーン

インターネット上での次世代の決済方法として、あるいは新たな投資運用の方法として注目を集めているのが仮想通貨です。
過去には1年間でなんと100倍にまで膨れ上がった仮想通貨もあり、いち早く目を付けた人の中には大金持ちになった人もいることから、関心を持つ人が増えてきています。
この仮想通貨が日本人と思われる名前の謎の人物によって開発されたことは、関心を持つ人の多くが知っていると思われますが、実に革新的な技術を用いています。
それが、ブロックチェーン・テクノロジーと呼ばれているものです。
ブロックチェーンとは、分散型のコンピューターネットワークシステムのことですが、これのおかげで中央銀行の役割を果たす機関がないにもかかわらず、仮想通貨が通貨として成立しています。
仮想通貨を利用する人同士がお互いに信憑性のある合意に達することができる仕組みを作り出しているのが、ブロックチェーンだからです。
世界中から参加している利用者のパソコンそれぞれに認証システムを作り、それが連携することで中央銀行の役目を果たすことから、ネットワークは世界中に分散することになります。
特定の場所にデータを置かずに世界中に分散させることによって、より強固な安全性が保たれるという、これまでになかった画期的なテクノロジーというわけです。

合わせて読みたい情報:CLICK HERE