フランチャイズ問題は専門弁護士に解決してもらいましょう。

コンビニや飲食店など、日本の各地にはフランチャイズ店として営業している店舗が多数存在します。
そういったお店は本部とフランチャイズ契約を締結して店舗を開き商売を開始していきます。
このとき、本部が店舗の集客の仕方、在庫管理の方法などの経営ノウハウをきちんと指導してくれるなど、店舗の運営に関してフォローしてくれれば安心して営業を行えます。
しかし、実際は契約を締結した後は、何の指導も行わず、売り上げが伸びないために店を閉めざるを得ないオーナーがたくさんいます。
店を閉めるとなると契約によってペナルティが課せられて、本部に対して損害賠償を支払わなければならない事態も発生してきます。
お店が損失を出した挙げ句、損害賠償を支払わなければならないとなると、オーナーにとっては大問題です。
そこで、このような契約の有効性や損害賠償の支払い義務については専門の弁護士に相談することをおすすめします。
南法律特許事務所には、フランチャイズ紛争について詳しい弁護士がいます。
本部との契約で悩みがある方は一度相談してみてはいかがでしょうか。
弁護士によるフランチャイズ問題の法律相談 南法律特許事務所